はじめての不動産売却の注意点

不動産売却は、買い手がいないと行うことができません。そのため、家売却を仲介する不動産業者を利用して、買い手を探す必要性があります。もちろん、自分の知り合いに購入する意思がある人がいるならば、その必要はありません。不動産業者の利用は、はじめての場合には媒介契約に注意しましょう。媒介契約には、専任と専属専任、一般の区別があります。それぞれ特徴が異なり、専属と専属選任の場合は、勝手に契約相手を探して売買契約を結ぶと、違約金を支払わなければならなくなります。また、一般はそのようなことはありませんが、不動産会社が積極的に宣伝をしてくれるわけではないという問題があります。その点は、利用する不動産会社によっても異なりますが、以上の特徴を踏まえて、どれが適しているのかをよく検討しましょう。
その他、瑕疵担保責任についても考えておかなくてはなりません。建物に隠れた歌詞があれば、売り手が一定の場合責任を負わなくてはならなくなります。そのため、建物に問題がないかなどは、十分にチェックする必要性が高いです。
最後に、登記は確実に買い手にわたるようにしないと、後々トラブルになってしまいます。登記は、不動産の所有者であることを公示する重要なものです。これを移さない場合、相手から党紀委テイン請求訴訟を起こされます。もちろん、相手の代金と引き換えに移す必要がある場合には、引き換え給付判決が下されますが、面倒になるため登記についても相手方とよく話し合っておくべきです。